主婦によるキャッシング利用

fytgggf

法律が改正されたら、主婦がキャッシングを使うことはできなくなるという予測もありました。貸金業法が改正されて、その心配はなくなりました。一足早く主婦のキャッシングにストップをかけて、貸金業法が変わった時の対策を取っていたという金融会社も存在していました。それでは改正貸金業法とはどのようなものなのでしょうか。月々の収入で家計をまかなうことは、時には難しいこともあります。今の主婦でも昔の主婦でも、給料日目前に生活費が枯渇することがあります。貸金業が見直されたことにより、収入のない主婦がキャッシング会社からお金を借りるに当たっては、しなければならないことができました。自分の収入を示すことができない代わりに、夫の婚姻を示す書類と共に、収入がわかる書類と同意書が必要です。配偶者に何も言わずにキャッシングをすることが不可能になりました。また、いわゆるグレーゾーン金利がなくなり、金利は20.2%以上に設定してはいけないことになりました。施行前は無かった借入上限額が設けられ、施行後は年収の3分の1と定められました。金利が一定水準以上で頭打ちになるのは、キャッシングする側からすれば歓迎すべきことです。人によっては、家族に内緒でキャッシングがしたかったという人、年収の3分の1の融資額は少なすぎ目と感じる人もいます。

脱毛ラボの申込みはキャンペーンがお得!!